保育園の現役先生が訴え!お名前シールとスタンプのどちらにすべきか【手書き最強】

保育園名前シールとスタンプカバー
この記事は約9分で読めます。

現役の保育士&資格マニアです。

保育園や幼稚園への入園が決まると、新生活で使う用品に大量の名前を書くという作業が待っています。
一方、わざわざ手書きで書かなくても、お名前スタンプやシールなど大量にかつ素早く、さらにきれいに記名できるツールがたくさん販売されています。

今回は現役の保育士目線で、お名前スタンプとお名前シールはどちらがありがたいのか、メリットとデメリットを示しながらお話します。
正直なところ、現役保育士としては手書きかお名前スタンプが一番ありがたいかも・・

手書きのメリットとデメリット

手書き、美しくないです、にじみます。でも保育士としてはありがたいです。

手書きのメリット

● ペン一本でいつでも書ける
● シールのように剥がれ落ちない

手書きのデメリット

●美しくない
●衣類だと洗濯のたびに滲む

手書き、見た目的に美しくないのです。
滲みにくい油性ペンを使ったとしても洗濯していると、滲んで読めない状態になります。特に靴下。
ただ、保育士目線だとお名前シールのように剥がれ落ちることがないため誤嚥の危険性がなく安心できます。

お名前シールのメリットとデメリット

お名前シール、一番美しいです。ただ、剥がれる可能性があるため保育士としては微妙です。

名前シールのメリット

●イラストが入っているので可愛い
●特に長いお名前の場合に時短効果大
●シールを張り替えることできょうだいにお下がりしやすい

名前シールのデメリット

●剥がれてしまう場合がある
●常時買い足す必要がある
●割高になるのでオムツなど消耗品には向かない
●シールがなくなったら買い足さないといけない

お名前シール、保育士の立場では剥がれて誤嚥の危険につながる点だけが気がかりです。
自然に剥がれ落ちなくても、子どもが剥がして遊ぶことで保育室の床に落っこちてしまうことがあります。

一方、名前だけでなく可愛らしいイラスト入りのシールは、文字は読めないがマークで自分の持ち物が識別できるようになる1歳-2歳児には非常におすすめです。
意外かもしれませんが保育園は身支度は自分で行うことを非常に重視しているため、自分の持ち物を自分で持ってこれることは快適な保育園生活の一助になるのです。

お名前スタンプのメリットとデメリット

お名前スタンプ、美しく手書きよりにじみません。お名前スタンプとお名前シールのどちらかを選ぶのであればお名前スタンプの方をおすすめしたいです。

名前スタンプのメリット

●手書きより滲まず美しい
●スタンプを押すだけなので子どもにもできる
●ネームペンよりにじまない
●小学校になってからも使える

名前スタンプのデメリット

●インクの補充が面倒
●コップなど丸い物に押しにくい
●素材によっては押しにくい(靴下など)

スタンプはシールのように誤嚥の危険性が生じません。保育士の立場では、お名前スタンプとお名前シールのどちらかを選ぶのであれば、お名前スタンプの方をおすすめしたいです。

お名前スタンプの一番の良い点としては、名前を書けない子でも自分でお名前付けができる点を強調したいです。オムツへの名前付けは頻繁にする必要がありますが、1歳-2歳児でもスタンプぺったんなら喜んでできます。
子どもが自分で押した曲がったり何度も押し直したスタンプ付きオムツ、嬉しく手に取っています。
なお、特にオムツに押すスタンプは文字が大きい特大スタンプがありがたいです。大人数のオムツ替えをする保育園では一目で誰のオムツか識別できるととても助かります。

まとめ

手書き・名前スタンプ・名前シールはどれがベストなのか、現役の保育士目線でメリットとデメリットを示しながらお伝えしました。

保育園の先生目線では、きれいさ見た目の美しさよりもきちんと記名してあることと読めることが最重要です。
手書き・名前スタンプ・名前シールのそれぞれのメリットを加味しながら、やりやすい方法で記名していただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました