保育園にいつ途中入園か決めるために知っておくべきこと「途中入園か4月まで待つか」

現役の保育士&資格マニアです。

4月の一斉入園に落ちたと思っていたら、突然舞い込む◯◯月から入園可能の入園許可通知。

あんなに欲しかった入園許可を手にすると、年度中の途中入園で大丈夫なのかと急に不安になるものです。

途中入園するか待って4月の一斉入園にかけるかを判断するときに欠かせない視点を現役の保育士の立場から紹介します。

なぜ欠員が出た?保育園に空きが出る理由

追加募集が行われる5月や、転勤や引っ越しが増える9月・10月頃は欠員が出て途中入園の可能性が高まるなどと言われています。
現役の保育士である筆者としては、当たらずも遠からずといった印象ですね。

次は、筆者が勤務している保育園における今年度の園児の退園・入園状況を列挙したものです。

4月の一斉入園時の状況

  • 0歳児クラス:全員新入園児
  • 1歳児クラス:1/2が新入園児、残りが0歳児クラスからの在園児
  • 2歳児クラス:2割が新入園児。3月末で1歳児クラス退園者が出たため新入園児を受け入れ
  • 3歳児クラス:25%が新入園児。3歳児クラスより定員増加に加え、3月末で2歳児クラス退園者が出たことによる新入園児受け入れ
  • 4歳児クラス:入園希望者なしのため新入園児なし。全員3歳児クラスからの持ち上がり。
  • 5歳児クラス:入園希望者なしのため新入園児なし。全員4歳児クラスからの持ち上がり。

4月以降の途中入園児受け入れ状況

  • 7月:0歳児クラスにおいて1名退園(退園理由:引っ越し)。6月追加募集、1名途中入園。3歳児クラスにおいて退園(退園理由:引っ越し)。6月追加募集、1名途中入園。
  • 9月:2歳児クラスにおいて1名退園(退園理由:引っ越し)。8月追加募集、1名途中入園。
  • 11月:3歳児クラスに1名途中入園。他の地方からの引っ越しに伴い。
  • 12月:2歳児クラスにおいて1名退園(退園理由:幼稚園へ転園)
  • 1月:4歳児クラスに1名途中入園。他の地方からの引っ越しに伴い。

この時系列を見ても想像がつく通り、途中入園できるチャンスが5月・9月・10月などと言われていますが、実際は状況により異なることが分かります。
また、居住地によっても大きく異なります。

筆者の勤務園においては、今年度退園した子の退園理由はほぼ全員引っ越しですが、転勤などの仕事理由よりも両親が別居・離婚したため引っ越したというものが多かったです。

なお、2歳児クラスにおいては幼稚園への転園を検討する家庭もいます。
年度途中で退園してプレ幼稚園に参加しつつ、4月の新年度に備える家庭もいるため、2歳児年度途中で空きが生じる可能性が高まります。

0歳児クラスに途中入園か1歳まで待つか問題

0歳児クラスへの途中入園が可能になった場合、急に子どもと離れがたくなるのか、1歳児クラスの4月入園まで待とうかと思う方もいらっしゃるでしょう。

0歳児で保育園に預けるメリットとデメリットの両方がありますが、筆者としては許可が出たのであれば、0歳児においては途中入園の方をおすすめします。

理由は、厚生労働省が定める保育士配置基準にあります。現行の配置基準は次のとおりです。

保育する年齢:保育士の人数

  • 0歳児クラス:3人につき一人
  • 1~2歳児クラス:6人につき一人
  • 3歳児クラス:20人につき一人
  • 4歳児クラス以上:30人につき一人

0歳児クラスでは子ども3人につき1人保育士が配置される一方、1歳児クラスになった途端に子ども6人につき保育士1人という配置基準になります。
1歳児クラスよりも保育士が多く配置される0歳児クラスのうちに、保育園生活に慣れておけるというメリットがあります。

1歳児以上クラスで途中入園する場合は4月がベスト

一気に保育士の配置人数が減る1歳児以降では、0歳児クラスの場合と状況が異なります。

可能ならば他にも新入園児がいる4月に途中入園ができるのがベストだと考えます。

理由は、4月中は他にも新入園児がいるので、元からいた在園児ではなく、新入園児に合わせたペースで生活するからです。
4月や5月には行事などを入れず、保育園の生活に慣れることを優先します。
子ども目線だと一番ストレスがないですよね。

夏・秋・冬の途中入園では慣らし保育を十分に

4月以外の途中入園では、周りのお友達が新年度の生活に慣れたところに入っていくのですから、子どもにも相当なストレスがかかることは容易に想像できるでしょう。

さらに、3歳児以上クラスでは、もう大きいから大丈夫だろうとほぼ慣らし保育なしというスケジュールを組みがちです。
一方、大人と同様、子どもも入園初日は気が張っていて元気に過ごしても、数日後に急に疲れが出てくることがあります
仕事の状況が許す限り、十分な慣らし保育期間を確保したり、最初の数週間だけ4日登園1日休みなど無理のない登園スケジュールを組みましょう。

運動会や発表会への参加を見送る決断も

意外と盲点なのが運動会や発表会などの大型行事と入園との関係です。
行事の練習が入ってくる時期に途中入園すると、子どもにとっては、新生活に慣れることと同時に行事の練習もこなさなくてはいけないというかなりのプレッシャーとなります。

入園説明会などで大型行事の日程を確認し、入園してすぐに行事があるようであれば、行事への参加を見送ることも視野に入れ、担任の先生と相談をしましょう。
行事に参加しない場合でも、当日は観客として見学させてもらえたり写真撮影だけクラスのお友達と参加させてもらえるはずです。

行事に参加しない場合、練習時間中は一人で見学などになってしまうものの、他のお友達がこれまで練習してきた演目を、後から追いかけてすべて覚えるというプレッシャーを受けずにすみます。

まとめ

保育園に途中入園するか待って4月の一斉入園にするかを判断するときに欠かせない視点を、現役の保育士の立場から紹介してきました。

子どもの保育園入園は大人の転職と同じように捉えると、子どものストレス度合いが想像しやすいはずです。
また、子どもは大人が思う以上に強く、どの途中入園の子も、朝泣いて登園しても30分後には元気になっているので過度な心配は不要ですよ。

タイトルとURLをコピーしました